遺伝は薄毛(はげ)の原因になるか?

薄毛と遺伝の関係
「親や祖父が薄毛(はげ)だと遺伝して自分も薄毛になる」という噂を聞いて、自分の髪の毛は現状問題ないのに将来的に不安を感じたり、心配になったりする方は少なくないと思います。
薄毛と遺伝の関係性が全くないとは断言しませんが、100%の人が遺伝によって薄毛(はげ)になるわけではありません。薄毛になりやすい体質を遺伝によって受け継いでいるだけです。
つまり、本人が頭皮ケアや生活習慣の中で正しい育毛対策をすれば、遺伝に関係なく抜け毛を減らしたり、薄毛(はげ)予防をすることは可能です。

例えば遺伝の要素も薄毛以外に、太りやすい体質に置換えて考えてみましょう。
家系や遺伝によって肥満やメタボ等、太りやすい体質の人は存在しますが、全員太っているわけではありません。暴飲暴食をしないで栄養バランスの整った食事をしたり、運動している方は太りません。

薄毛もそれと同じように薄毛の家系の人が、必ず薄毛(はげ)になるとは限りません。
薄毛・抜け毛の原因となる行動はできるだけ控えて、食生活や生活習慣を考えて、頭皮に栄養を与えて正しい育毛対策に取り組みましょう。

「正しい生活習慣」と「正しい抜け毛・薄毛対策」が重要です。
抜け毛・薄毛対策には欠かせない育毛剤の選び方をぜひ参考にしてください。
⇒(育毛剤の正しい選び方