遺伝は薄毛(はげ)の原因になるか?

薄毛と遺伝の関係
「親や祖父が薄毛(はげ)だと遺伝して自分も薄毛になる」という噂を聞いて、自分の髪の毛は現状問題ないのに将来的に不安を感じたり、心配になったりする方は少なくないと思います。
薄毛と遺伝の関係性が全くないとは断言しませんが、100%の人が遺伝によって薄毛(はげ)になるわけではありません。薄毛になりやすい体質を遺伝によって受け継いでいるだけです。
つまり、本人が頭皮ケアや生活習慣の中で正しい育毛対策をすれば、遺伝に関係なく抜け毛を減らしたり、薄毛(はげ)予防をすることは可能です。

例えば遺伝の要素も薄毛以外に、太りやすい体質に置換えて考えてみましょう。
家系や遺伝によって肥満やメタボ等、太りやすい体質の人は存在しますが、全員太っているわけではありません。暴飲暴食をしないで栄養バランスの整った食事をしたり、運動している方は太りません。

薄毛もそれと同じように薄毛の家系の人が、必ず薄毛(はげ)になるとは限りません。
薄毛・抜け毛の原因となる行動はできるだけ控えて、食生活や生活習慣を考えて、頭皮に栄養を与えて正しい育毛対策に取り組みましょう。

「正しい生活習慣」と「正しい抜け毛・薄毛対策」が重要です。
抜け毛・薄毛対策には欠かせない育毛剤の選び方をぜひ参考にしてください。
⇒(育毛剤の正しい選び方


抜け毛・薄毛(はげ)の原因になる食生活

抜け毛・薄毛(はげ)の原因と食事の関係 栄養バランスの良い食事を心がけましょう

食生活の乱れも抜け毛・薄毛(はげ)の原因になります。
欧米のメニューに多い、動物性の脂を多く含んだ食べ物や塩辛いものなどは、髪の毛や頭皮にあまり良くありません。食生活の欧米化が進み、高カロリー・高脂肪食のメニューが増え、コレステロールや中性脂肪のリスクが上昇しています。その結果、頭皮の毛細血管を詰まらせ、発毛・育毛を妨げてしまい薄毛の原因となっています。毛根に皮脂がつまってしまうと毛穴の炎症や頭皮のトラブルを引き起こしてしまう要因になります。
また、辛い食べ物の注意点として、カプサイシンが主成分の唐辛子などは、発毛や育毛に重要な血の流れを良くする作用がありますが、刺激物のため取り過ぎると逆効果になります。適度にバランス良く取ると育毛にも効果的です。

健康的な毛髪を維持するために、栄養バランスの良い食事を心がけることが大事です。毛髪をつくるタンパク質や代謝を助けるビタミンやミネラルなど栄養バランスの良い食事を取りましょう。

頭皮や髪に良い栄養素
タンパク質…髪の毛をつくる
亜鉛…髪の毛の元になる
銅…タンパク質をつくる
ビタミンC…太く強い健康的な髪の毛をつくる
ビタミンA…頭皮環境を整える
ビタミンB群…新陳代謝を整える

※頭皮や髪の毛に良いからといって取り過ぎには十分注意してください。

亜鉛など育毛に必要な栄養素をサプリメントで取ることもできます。
⇒ サプリメントと育毛剤がセットで人気のチャップアップ

抜け毛・薄毛対策には栄養バランスの良い食生活が重要です。
正しい食生活の他に、抜け毛・薄毛対策には欠かせない育毛剤の選び方もぜひ参考にしてください。
⇒(育毛剤の正しい選び方

抜け毛・薄毛(はげ)の原因になる精神的ストレス

抜け毛・薄毛(はげ)の原因になる精神的ストレス ストレスは溜め込まずに工夫してストレス解消しましょう

ストレスは日常生活の中で必ず存在します。仕事・人間関係はもちろん、ちょっとした事でも腹が立つことは必ずあります。嫌なことをしなければいけなかったり、嫌いなものをみてしまったり、ムカムカすることはどこでも蔓延していて、誰もが直面する問題です。
そのようなストレスや精神的要因が髪に与える影響も、育毛対策をする上で無視できる問題ではありません。

精神的ストレスは

●皮脂の過剰分泌

●頭皮の血行悪化

●頭皮が緊張してかたくなる。

などを引き起こし、抜け毛や薄毛(はげ)にかなり影響するといわれています。
ストレスといえば、「円形脱毛症」を考える人が多いと思いますが、医学的には、ストレスと円形脱毛症の因果関係は解明されていません。

皮脂の過剰分泌は、強いストレスを受けたことによってアドレナリンが活性化し、必要以上に皮脂が分泌してしまい、毛穴をふさぎ育毛の妨げになります。
頭皮の血行悪化は、まず人間の血液は自律神経によってコントロールされていますが、ストレスによって自律神経を緊張させ、血管を収縮させてしまいます。
その結果、血のめぐりが悪くなり、髪の毛の毛母細胞の働きを悪くして、毛が細くなったり抜け毛の原因になります。

しかも精神的ストレスの問題点として、ストレスが自分では気づかないうちに溜まっていることもあります。
日頃からポジティブに物事を考えたり、自分の好きなことをしてリラックスしたり、工夫して心をリフレッシュ・ケアして生活することが大切です。
ストレスを感じないことはほぼ不可能ですので、ストレスを溜め込まないように、工夫してストレスを解消することをおすすめします。

精神的ストレスの解消する方法 おすすめストレス解消法

○適度な運動

○ぐっすり眠るような良い睡眠

○お風呂でリラックス




抜け毛・薄毛対策にはストレスを溜め込まないことが重要です。
ストレスを溜め込まない生活習慣の他に、抜け毛・薄毛対策には欠かせない育毛剤の選び方もぜひ参考にしてください。
⇒(育毛剤の正しい選び方

帽子やヘルメットなどは抜け毛・薄毛(はげ)の原因になるか?

帽子は抜け毛・薄毛(はげ)の原因になるか? 「帽子を被った方が頭皮に良い場合」と「被らない方が頭皮に良い場合がある」

野球などのスポーツや工場勤務、現場作業、そして夏の紫外線対策など帽子やヘルメットを被る機会は身近にあります。帽子やヘルメットを長時間被ると、抜け毛や薄毛(はげ)の原因になるか?と問われると“YES”です。その理由は帽子やヘルメットなどを着用すると頭皮が蒸れやすくなるからです。(抜け毛・薄毛(はげ)の外的な要因)

頭皮が蒸れると、頭皮の皮脂腺から排出された脂肪酸が毛穴につまり、炎症が起きたり、毛穴がつまることで抜け毛の原因になることがあります。さらには帽子やヘルメットに圧迫されて頭皮の血流が悪くなり、毛根に栄養が十分に届かなくなる結果、薄毛が進むこともあります。

それでは「夏の陽射しの強い日に、外出する際に帽子を被らない方が良いのか?」という質問には「帽子を被った方が良い場合がある」と答えます。紫外線は頭皮の老化や、皮脂の酸化を促進させるので、育毛対策に紫外線は天敵となります。
つまり、育毛対策で帽子を被る場合には「帽子を被った方が良い場合」と「帽子を被らない方が良い場合」があります。

帽子を被るデメリットのひとつは、頭皮が蒸れることが直接的な原因ですのであまり蒸れないように、帽子を1日中被るより外せる時に少しの間(5分間でも)外したり、汗を拭き取ったり清潔を保つように工夫して、頭皮があまり蒸れることのないように対策する必要があります。
仕事上、どうしても帽子やヘルメットを長時間被らなければいけない場合は、シャンプーなどでよく汚れを落とし、育毛剤でケアして清潔を保つように心がけましょう。
抜け毛・薄毛対策には欠かせない育毛剤の選び方もぜひ参考にしてください。
⇒(育毛剤の正しい選び方

抜け毛予防・薄毛(はげ)対策に帽子を被る場合は紫外線を防ぐUVカット仕様で、メッシュなど風通しのいい素材でつくられたタイプの帽子がおすすめです。なるべく頭皮が蒸れないようにこまめに帽子を外したり、工夫して着用しましょう。

抜け毛・薄毛(はげ)の原因になる睡眠不足

抜け毛・薄毛(はげ)と睡眠の関係 健康だけでなく、髪の毛や頭皮にも良い睡眠

睡眠は抜け毛・薄毛(はげ)の原因と関係しています。
今の時代、仕事や遊びに夢中で睡眠時間を少なくしたり、以前より睡眠時間が減少して睡眠不足の人がかなり増えています。特に若い人は、つい徹夜で過ごしてしまうことも珍しくありません。
そして同時に現代人の薄毛の人も非常に多くなっています。

ぐっすり眠ることで体が元気になったり、気分がすっきりした経験は誰にでもあると思います。逆に睡眠が不足していると、体や頭が重く、動くのもだるいと感じることがあります。
健康に大切な睡眠ですが、毛髪にも非常に重要です。ぐっすり眠ると元気になりますが、髪にとっても同じです。
その理由は「睡眠は修復作用がある」からです。
目が覚めて活動している期間のダメージを、寝ている間に機能する免疫細胞やホルモンによって、修復する働きが睡眠にあるからです。そして、睡眠不足や不規則な睡眠によって、成長ホルモンが不足してしまい、頭皮や髪の毛のダメージになるからです。
髪の毛は夜、成長して昼はあまり成長しないと言われています。
睡眠で髪の毛が成長しやすい時間を与えて、毎日規則正しい睡眠をとることを意識して生活しましょう。
ちなみに午後10時から午前2時に成長ホルモンの分泌が最も盛んになるとも言われています。つまり、午後10時から午前2時に睡眠をとれば、成長モルモンの恩恵を受けることができます。
このように睡眠は抜け毛・薄毛(はげ)の原因と関係していますが、精神的ストレスを解消することに睡眠が有効だったり、抜け毛・薄毛(はげ)の精神的要因にも関係しているので、規則正しい生活習慣をこころがけることが大切です。

育毛対策と関係する規則正しい生活
○食事
○精神的ストレス解消
○睡眠

抜け毛・薄毛対策には欠かせない育毛剤の選び方もぜひ参考にしてください。
⇒(育毛剤の正しい選び方